「ネットのクチコミ」をビジネスの最強の武器に

shutterstock_99850421

ネットに広がるクチコミは、意識的にコントロールするものではなく、そのクチコミがつなげるデータは膨大であり、かなり詳細に記述されていることから自然に需要が増え、増大したのです。また、それは、クチコミの対象となる企業の実績に影響を及ぼします。

ネット上でのニュース配信の特徴や時期などを含め、製品やサービスのリリース前の新発売の旨のデータや、リリース後の企業のサイトのデータは非常に重要なものとなっています。ふつう、大手の会社では、同じく大手の新聞社などへのニュース配信のみで、インターネットに重きを置かない活動というものがめだちます。しかし、未来のブロガーたちの増加を考慮すると、そういったデータを積極的に活用していくことは必須条件となるでしょう。

リリースデータに限らず、ビジネスショー、催し事や宣伝・広告活動でも同じことが言えます。会社のリアルタイムの様子をインターネットを通じて配信することで、クチコミの盛り上がりも影響されます。ネットでデータを発信してくれる人が、どうしたら商品を購入し、よさやメリットを彼らのBlogに書き込んでもらえるか、そういった流れのスピードが、売り上げにコネクトするという時代です。

ネットに存在するクチコミは、それがそのときそのときでどんな機能を持ち合わせているのかで、利用の仕方が変わってきます。クチコミがどんな働きをするのか、それは市場レベルに関わるほど大きな要素となるのです。クチコミがされやすい商品というのは、斬新さや話題にあがっているものです。誰かにただ単に伝えるのではなく、伝えた相手にいかに期待され、いかに驚きを与えられるかが大切です。

 

しかし、新しさだけに注目が行って、新商品のみがクチコミされるというわけではありません。以前から発売されているものでも、再びスポットライトを浴びることだってあります。それは、宣伝や広告の面白さや、わかりやすいか、伝わりやすいかを総合的に判断した結果、人々に影響を与え、よいクチコミにつながるということもあります。世間の、その商品に対するもっと知りたい!といった認識に近づけ、彼らから告知をしたり、認知度を高めてもらうためには、見たいとい う気持ちにさせ、使ってみたい、試したいという願望を抱かせて、いろんなものと比べてみたいという思いにさせ、従来のモノ、サービスなどと比較して、ユーザーを納得させる、という流れもネットであればできます。

 

そういった一通りの流れは、バーチャルでありながら、誰かがかわりに体験をしたものを実感することができるのです。何か探し求めていたモノのクチコミをネットから入手し、そのメーカーのホームページなどで画像で確認したり、それを試したことがある人の使い心地などのレビューをチェックして、自分の感覚と比べて、納得したり首をひねったりすることを踏まえて、決断をする人もいます。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る